6代目三遊亭圓生『紫檀楼古木』-rakugo-

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

6代目三遊亭圓生『紫檀楼古木』-rakugo-
紫檀楼古木は、実在した狂歌師であり噺家でもあった人物。
狂歌とは、ほら、有名なところだと、

 太平の眠りを覚ます上喜撰 たった四杯で 夜も眠れず

みたいな、うまいこと言ってやろう的なあれですが。
その狂歌と落語の密接っぷりを、圓生師がマクラで語ってくれます。
そして本編で描かれる、古木の風流で粋な人物は、まさに狂歌と落語の申し子。

末尾の圓生師解説に出てくる狂歌が出てくる落語
『掛け取り萬歳』は、こちら

< チャンネル強化 只今、大量蔵出し中 >



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)