立川談志(七代目) – 大工調べ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

立川談志(七代目) – 大工調べ
★あらすじ
【大工調べ】
与太は頭は弱いが腕は確かな大工。ある日棟梁が仕事の依頼を持って訪ねてきたが、大工道具を家賃滞納の形として、大家に持っていかれてしまったという。
棟梁は手持ちの金ありったけを与太に渡し、とりあえず道具を返してもらうように交渉に行かせる。

★演者について
【立川談志(七代目)】
1936-2011。東京府小石川区(現在の東京都文京区)出身。本名は松岡 克由。
名跡としては七代目にあたるが本人は五代目を自称していた。落語立川流を主宰し、「家元」を名乗る。テレビ番組「笑点」の企画・立案者および初代司会者としても知られる。
古典落語に広く通じ、現代と古典との乖離を絶えず意識しつつ、長年にわたって理論と感覚の両面から落語に挑み続けていた。
2011年11月21日 喉頭癌のため死去。享年75。(Wikipediaより抜粋)

★補足
本来はこの後お白州~サゲとなります。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)