浮世節 初代 立花家橘之助と名人 西川たつ 「たぬき」聞きくらべ 小山觀翁撰集

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

浮世節 初代 立花家橘之助と名人 西川たつ 「たぬき」聞きくらべ 小山觀翁撰集
初代 立花家橘之助(しょだい たちばなや きつのすけ)と
西川たつ(にしかわ たつ)の浮世節「たぬき」の聞きくらべです。

さて、どちらがお好みでしょうか?
と、父 觀翁が問いかけているように感じます。

*************************

初代 立花家 橘之助
(しょだい たちばなや きつのすけ、1866年7月27日 – 1935年6月29日)は、女流音曲師(女道楽)。
本名:石田美代。

天才的な三味線の名手として知られる。おもに寄席で活躍。
圧倒的な人気を誇る。落語家ではないのに、落語の寄席の主任(トリ)を常時とり続けた。
異名として「女大名」「女公方」「淀君」「女帝」。
2代目三遊亭圓橘の弟子。大師匠は三遊亭圓朝。
父の名は石田良周(よしちか)で、田安家に仕える幕臣であったという。

竹本紋榮に義太夫、清元延榮の元で清元の三味線を始める。5歳の時、女義太夫として6代目桂文治の出演する下谷「吹抜亭」で面白半分で出演。
1873年~1874年、2代目三遊亭圓橘に入門。両国の寄席「立花家」に喜代八の三味線伴奏で初高座。
大師匠の三遊亭圓朝にも可愛がられ、真打昇進を許される。1875年7月、浅草の「雷名亭」で8歳にして真打昇進。(他に類例はない)
1882年から足掛け3年半に渡り、大阪、京都、名古屋へと男装で巡業。
1887年頃から「三府浮世節」(浮世節)の家元の看板を掲げ、諸派音曲取り混ぜての三味線の名人と謳われた。
人気を妬む何者かに水銀を飲まされ、声を潰した。しかし晩年まで最高の賛辞を得つづけた。
6代目朝寝坊むらく(初代全亭武生)と駆け落ちして結婚。
1906年から1907年に掛けて、師・圓橘と夫・むらくを共に亡くすが、師の夫人と2人の遺児を共に引き取り、世の賞賛を得た。
初代橘ノ圓と再婚。
1924年に表舞台からは引退し、夫の橘ノ圓と共に名古屋市中区に移る。
1935年6月10日、京都市上京区に移り住む。そのわずか19日後、北野天満宮そばの紙屋川が氾濫し、自宅が流され、夫と共に水死。68歳没。
墓所は神楽坂の清隆寺。法名: 清心院妙橘日周大姉。

門下には、初代立花家花橘(女性)、7代目朝寝坊むらく(のちの3代目三遊亭圓馬)、橘家橘弥(のちの5代目橘家小圓太)、2代目立花家花橘、三遊亭圓吉(キツネウマ)、3代目立花家千橘らがいる。

*********************

岸沢 式多津
(きしざわ しきたつ、1895年12月25日 – 1959年6月1日)
常磐津女流音曲師、浮世節を唄う音曲師。
本名:西川たつ。
旧字体は岸澤式多津。

「西川たつ」で高座復帰

出生から引退まで
岸沢文左衛門、常盤津文字多男を両親とし深川森下町に生まれ、幼少の頃から父の元で修行し9歳で岸沢式多津を名乗る。3代目柳家小さんの紹介で1909年10月下席両国立花家で初高座を踏む。常磐津と手踊りで人気を取り三遊派の立花家歌子(本名は藤本、後の岸上きみ。清元)と柳派の岸沢式多津(常磐津)で人気を二分した。長らくコンビを組んだのが7代目春風亭柳枝の妻の岸沢式多女であった。1915年に21歳で結婚を機に引退、翌年には離婚し再度寄席に出る。再婚するが相手が嫉妬深く、常磐津は色気がありすぎると長唄に転向するが[1]それでも嫉妬は止まず、寄席興行形態の変化や芸人の所属団体の離散・集合など混沌とする演芸界の中で活動し1920年に引退した。
「西川たつ」で高座復帰
戦後、離婚して料理屋の女中をしつつ客に請われると音曲を披露して生活の糧としていたが、文芸評論家の小林秀雄が小説家・NHK文芸課長の久保田万太郎に常磐津の上手な女中の存在を話す。
会うと岸沢式多津だったので久保田がNHKラジオと三越名人会に本名の西川たつで出演させ、1950年に落語協会に所属し寄席に復帰する。立花家橘之助譲りの浮世節を唄う音曲師であり、後進の指導にも力を入れた。第13回芸術祭賞受賞。
浮世節「たぬき」を復活させた技芸を久保田万太郎は現代の名人と絶賛したが、
当人は橘之助の芸には遠く及ばないと語っていた。
最晩年には初代三遊亭全生(のちの5代目三遊亭圓楽)にも一度だけ稽古を付けた。初めã



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)