桂枝雀(二代目) – 仔猫

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

桂枝雀(二代目) – 仔猫
★あらすじ
【仔猫】
ある大店に奉公に来たお鍋は、器量こそ悪いが気さくでよく働くため、人気者になる。しかしこのお鍋、夜になるとこっそりどこかへ出かけているらしく、番頭も、お鍋の異様な姿を目撃していた。実は旦那も気味悪く感じており、お鍋に暇を取らせようと考え、留守中に部屋を調べることにした。

★演者について
【桂枝雀(二代目)】
1939-1999。兵庫県神戸市出身。本名は前田 達。
古典落語を踏襲しながらも、超人的努力と空前絶後の天才的センスにより、客を大爆笑させる独特のスタイルを開拓し、上方落語界を代表する人気噺家となった。
「緊張の緩和」が笑いを生むとする独自の落語理論を持ち、時にはオーバーアクションを用い、それまでの落語スタイルの概念を大きく飛躍させた。また、英語による落語にも取り組み、海外進出も果たしている。
1999年4月19日 心不全により死去。享年60。(Wikipediaより抜粋)



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)