桂文楽(八代目) – 愛宕山

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

桂文楽(八代目) – 愛宕山
★あらすじ
【愛宕山】
ある春の日。幇間の一八は、ひいきにしてもらっている旦那や芸者たちと京都見物の折、愛宕山に登ることになった。中腹にある茶店でかわらけ投げに興じる旦那と一八。すると旦那が懐から小判を取り出し、これをかわらけの代わりに投げると言い出す。

★演者について
【桂文楽(八代目)】
1892-1971。父の赴任先であった青森県五所川原町で生まれる。本名は並河 益義。
落語における戦後の名人のひとりといわれる。演目の種類は多くはなかったが、細部まで緻密に作り込み、寸分もゆるがせにしない完璧主義により人気を博した。
戦後しばらくまで、トップクラスの落語家はお座敷での余興を務めたが、文楽はその仕事の多さを誇り、出演料も飛びぬけて高かった。
1971年12月12日 逝去。享年79。(Wikipediaより抜粋)

★補足
かわらけ投げは愛宕山ではもうやっておらず、高雄山の神護寺で投げられるそうです。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)