桂文楽(八代目) – 心眼

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

桂文楽(八代目) – 心眼
★あらすじ
【心眼】
按摩の梅喜は横浜から自宅に帰ってきたが、どうも様子がおかしい。妻のお竹が尋ねると、目が不自由なことを幼馴染になじられ、屈辱を受けたためだった。己の境遇を呪う梅喜だが、献身的なお竹の勧めで、茅場町の薬師様に願掛けをする。

★演者について
【桂文楽(八代目)】
1892-1971。父の赴任先であった青森県五所川原町で生まれる。本名は並河 益義。
落語における戦後の名人のひとりといわれる。演目の種類は多くはなかったが、細部まで緻密に作り込み、寸分もゆるがせにしない完璧主義により人気を博した。
戦後しばらくまで、トップクラスの落語家はお座敷での余興を務めたが、文楽はその仕事の多さを誇り、出演料も飛びぬけて高かった。
1971年12月12日 逝去。享年79。(Wikipediaより抜粋)



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)