名人金馬(三代目三遊亭金馬)の 『山崎屋』 小山觀翁撰集

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

名人金馬(三代目三遊亭金馬)の 『山崎屋』 小山觀翁撰集
@昭和32年3月 東宝名人会&電通
父が「大出来」と朱を入れております。

******************************************
三代目 三遊亭 金馬(さんゆうてい きんば、
1894年10月25日 – 1964年11月8日)

東京府東京市本所(現・東京都墨田区本所)生まれの日本の落語家。家業は洋傘屋であった。大正・昭和時代に活躍した名人の一人。本名は加藤 専太郎(かとう・せんたろう)。

出囃子は「本調子カッコ」。

初代三遊亭圓歌の門下だが、名人と呼ばれた初代柳家小せんや、橋本川柳(後の3代目三遊亭圓馬)にも多くを学んだ。
読書家で博学。持ちネタの幅が広く、発音や人物の描き別けが明瞭で、だれにでもわかりやすい落語に定評がある。
当初は落語協会に所属、
のちに東宝に所属したが、実質的にフリーであった。

1894年10月25日、東京府東京市本所(現・東京都墨田区本所)に生まれる。
小学校卒業後、本所林町[3]の実家を出て本所相生町[4]で経師屋をしていた伯父の元で奉公修行。近所にあった広瀬という寄席に入り浸り、はじめ講談(講釈)を志し、1912年に講談師の放牛舎桃李(放手金桃李、揚名舎桃李、2代目放牛舎桃林とも)に入門。しかし、講釈を始めると客が笑ってしまうため、噺家の方がむくといわれ、講談には見切りを付けた[2]。1913年12月、落語の三遊亭圓歌(初代)にスカウトされて入門、三遊亭歌当を名乗った[2][注釈 1]。入門して2年にも満たない大正4年、二つ目に昇進し、三遊亭歌笑(2代目)を襲名。1919年末には三遊亭圓洲に改名し、翌1920年には入門から6年、26歳で真打に昇進した。師匠と反りが合わなかったにもかかわらず、後に名人上手と呼ばれた同時代の8代目桂文楽や6代目三遊亭圓生、5代目古今亭志ん生らと比べても異例のスピード出世である。
1926年4月、31歳で3代目三遊亭金馬を襲名、1930年にはニットーレコード専属の噺家になり、以降、多くの落語をレコードに吹き込んだ。1934年には東宝の専属となり、東宝名人会の常連となるが、東宝系以外の寄席には出演しなくなった[注釈 2]。40歳であった。 1934年に小林一三によって東宝名人会が設立されたときには、実質的な専属となり、落語協会から脱退して寄席から離れた。後に東宝傘下となった神田須田町の立花には時々出たが、他の寄席には「のせもの」(客演)として出たことはあっても通常の形で出ることはなかった。1949年に立花が廃業すると、そのままでは弟子たちの修行の場が得られないため、主な弟子は自分のもとから離した。たとえば、歌笑(3代目)は落語協会に所属する弟弟子2代目三遊亭円歌に、金太郎(のちの2代目桂小南)は落語芸術協会に所属する桂小文治に預けている。小金馬(4代目三遊亭金馬)は、NHKのテレビ番組『お笑い三人組』の収録で忙殺されており、高座に上がりたくても上がることができないような状態であった。そのため当代(4代目)は、師(3代目)の存命のあいだ師とともに終始東宝名人会に所属し、寄席には出なかった。
1954年2月5日、千葉県佐倉へタナゴ釣りの帰りに総武線の線路を歩き、鉄橋を渡っているときに列車にはねられそれが元で左足を切断する。奇跡的にも一命を取りとめた金馬は放送の約束が気になっていたのか、病院の手術台で麻酔が効き始めると『野ざらし』を一席うかがう[2][注釈 3]。半年後に退院し、高座にも復帰したが釈台で足を隠しての板つきであった[2]。出と引っ込みの時は必ず緞帳(どんちょう)を下ろしており、自分の不自由な足を見せないよう心がけたが、これは自分の大好きな釣りのせいだと思われたくない、という金馬の意地でもあった。そのおかげでファンは事故後も変わらぬ金馬節を楽しむことができた。1956年、第7回のNHK放送文化賞を受賞。
1964年11月8日、肝硬変のため入院中の東京都新宿区の慶應病院で死去[5]、70歳没。
肝硬変で死ぬ直前、死を知った初代柳家小せんが、自ら新聞に死亡広告をだしたという例にならって金馬もまた死亡通知を作成した。
芸風・評価[編集]

古典を中心に持ちネタの数がé



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)