古今亭志ん生(五代目)鈴振り(鈴まら)【艶笑落語・艶笑噺】

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

古今亭志ん生(五代目)鈴振り(鈴まら)【艶笑落語・艶笑噺】
【落語チャンネル】ネット寄席

古今亭志ん生(五代目)鈴振り(鈴まら)


鈴ふり(すずふり)は、落語の演目の一つ。(鈴まらとも)
別題:四つ目屋~鈴振り/甚五郎~~鈴振り
原話は、松浦静山が文政4年(1821年)に出版した随筆、『甲子夜話』。『鈴振り』だけでは、志ん生は『四つ目屋』『十八檀林』(じゅうはちだんりん)を付けて一席にしている。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)