古今亭志ん朝(三代目) – 愛宕山

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

古今亭志ん朝(三代目) – 愛宕山
★あらすじ
【愛宕山】
ある春の日。幇間の一八は、ひいきにしてもらっている旦那や芸者たちと京都見物の折、愛宕山に登ることになった。中腹にある茶店でかわらけ投げに興じる旦那と一八。すると旦那が懐から小判を取り出し、これをかわらけの代わりに投げると言い出す。

★演者について
【古今亭志ん朝(三代目)】
1938-2001。東京都文京区本駒込出身。本名は美濃部 強次。
父は五代目古今亭志ん生、兄は十代目金原亭馬生。入門五年目という異例のスピードで真打に昇進し、後に押しも押されもせぬ「江戸落語の名人」として名実共に人気を博した。独演会のチケットはすぐに完売するほどであり、父志ん生の破天荒さとは違う正統派の江戸前落語を得意とした。古典芸能の住吉踊りを復興させたことでも有名である。
2001年10月1日 肝臓癌のため死去。享年62。(Wikipediaより抜粋)



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)