六代目三遊亭圓生 – 首提灯

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

六代目三遊亭圓生 – 首提灯
★あらすじ
【首提灯】
ある町人が品川へ向かう道中。だいぶ酒が入っている上に金回りも上々らしく、威勢のいい事を言っている。
芝の山内に差し掛かかり、この辺りは最近物騒な噂が多いことを思い出す。寄った勢いもあり、強気にまくしたてた途端に何者かに呼び止められる。見ると侍の姿があった。

★演者について
【三遊亭圓生(六代目)】
1900-1979。大阪市西区出身。本名は山﨑 松尾。
元は子供義太夫をたしなんでいたが、健康上の理由から落語家に転向する。
笑いあり涙ありの噺で脚光を浴び、昭和を代表する名人の1人と言われるまでになる。
演目数は落語史上最も多かったのではないかと言われ、100以上もの演目をすべてLPレコード化するという企画「圓生百席」は日本の演芸界でも他に類を見ない大作を世に残した。
1979年9月3日 心筋梗塞により死去。享年79。(Wikipediaより抜粋)



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)