二代目桂枝雀 – くっしゃみ講釈

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

二代目桂枝雀 – くっしゃみ講釈
★あらすじ
【くっしゃみ講釈】
2人の男が話ている。町の空家が講釈小屋になったという。先生も評判が良く、名前を後藤一山というらしい。その名を聞いた片方の男は顔色が変わる。初めての恋を台無しにされた憎い奴だという。何か復讐を考えるが、講釈中に胡椒の粉を焚き、くしゃみを連発させてやろうと画策する。

★演者について
【桂枝雀(二代目)】
1939-1999。兵庫県神戸市出身。本名は前田 達。
古典落語を踏襲しながらも、超人的努力と空前絶後の天才的センスにより、客を大爆笑させる独特のスタイルを開拓し、上方落語界を代表する人気噺家となった。
「緊張の緩和」が笑いを生むとする独自の落語理論を持ち、時にはオーバーアクションを用い、それまでの落語スタイルの概念を大きく飛躍させた。また、英語による落語にも取り組み、海外進出も果たしている。
1999年4月19日 心不全により死去。享年60。(Wikipediaより抜粋)

★補足
現存で稼動するのぞきからくりは1台しか残っていないそうです。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)