【落語の語】愛宕山【桂文楽】

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

【落語の語】愛宕山【桂文楽】
8代目桂 文楽(かつら ぶんらく、1892年(明治25年)11月3日 – 1971年(昭和46年)12月12日)は、東京の落語家。本名、並河 益義(なみかわ ますよし)。自宅住所の住居表示実施以前の旧町名から、「黒門町(くろもんちょう)」「黒門町の師匠」と呼ばれた。
落語における戦後の名人のひとりといわれ、2歳年上の5代目古今亭志ん生と併び称された。志ん生の八方破れな芸風とは対照的に、細部まで緻密に作り込み、寸分もゆるがせにしない完璧主義により、当時の贔屓を二分する人気を博した。
演じた演目の種類は多くはなかったが徹底的に練りこまれているとの定評がある。

再生リスト 【落語】

「桂 まとめ」
https://www.youtube.com/playlist?list=PLWww7oiEH63Z6-5p6fCc6xyUHnFi_iXHo



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)